コツコツする節約」カテゴリーアーカイブ

電気代やお菓子の無駄遣いを意識

黒板に描いた電球私は、30歳の女性で専業主婦をしています。結婚前は実家暮らしで、お金のことには気にすることはありませんでした。しかし、結婚して子供を産んでからは、やりくりしないとお金が残らないことに気づき、「お金って大事なんだ。貯めないと」と思うようになりました。何か節約できることは実践してみようと本をあさってみたりもしました。

そしたら電気代の節約の記事を発見。私は「これだ」と思い実践してみることにしました。まず私がした電気代節約は、使わないコンセントを抜いたり、TVを見ない時に意識して消すことです。当たり前のことですが、意外とできていなかったことも分かり、節約につながって3000円も減りました。これは本当に驚きでした。

他には食材を節約です。ケーキなどの高めのおやつは買わずに100均で安いお菓子を買ったり、売れ残りの野菜を購入したりしました。すると、ここでも1週間に2000円違ってきました。肉をあまり使わずに野菜を取り入れることも節約につながりました。本当に良かったと思います。私は、結婚して色々と経験できましたし、節約って楽しいことも知りました。これからはマイホームを手に入れるために、子供の学費のために節約を頑張っていきたいと思います。

家族に何にいくら掛かっているか全部把握させる

お金のイメージ家族に「節約に協力して!」と言うだけでは反発されてしまいがち。まずは何にいくら掛かっているかを把握してもらう必要があります。場合によっては通帳などを見せ、節約しないとやっていけないような説明。 後は自分から率先して節約をやっていく事や、節約をしたら何かしらの報酬を与えるなど工夫すれば、少なくとも家族は前向きにやってくれると思います。

後は節約料理を出したり、節約してもこんなに美味しい物を食べられるんだという事を分かってもらいます。 又、節約を頑張ったら月に一回、二回は外食に行くなどして家族みんなで楽しめるような事をしたり、家族みんなが喜ぶような事をしてあげたらみんな進んでやってくれるようになると思います。

これだけお金が貯まったら旅行に行くや、美味しい物を食べに行くや、何かを買うなどの目標を作って家族みんなでやれば目標があるからまだみんな頑張ってくれるとは思います。やっぱり人間はなんの報酬もなしでは頑張れないし、褒めたり、褒美を与えると素直に喜び頑張る生き物です。自分的には報酬制が1番効率がいいのかなと思います。

節約をしてくれるまで徹底的に指導していくのもアリだとは思います。最初は中々嫌な顔をされたり、めんどくさがられて自分自身もイライラしてしまいますが、このやり方でも効果はあると思います。

節約は自分でもできることから始めよう

一善のごはん今の世の中は、コマーシャルでは新品を買い要らなくなったら捨てる、という事を子供の時から教えています。その子供たちが今すぐに節約せよと言われても、すぐには対応できないのは当たり前。それならばどうすればいいかと考えてみました。

やはりまずは自分でも出来ることから始めるしかなさそうです。ご飯はコンビニで手軽に買えるけど、自炊をする最初はご飯を炊くだけでもだいぶ違います。炒め物、煮物の元がコンビニではなくスーパーの安売りを買いだめしておく、これだけでもすごく節約できます。朝はパンとジャムコーヒーで十分。昼は会社に食堂があれば必ず利用。なければ昨日の夕食の残りで弁当を作り会社に持参します。

彼女が料理好きなら愛情弁当もいいですよね。二人の結婚資金を貯める為に協力をお願いすることです。但し、あまりみじめな気分にさせないために、月に一度はレストランで一緒に食事も大切ですね。服装は身だしなみですから質を落とすわけにはいきません。高くても良いものを購入し長く使うことが大事です。

車は若いときは大きい車がいいのですが、維持費がかかります。節約するなら軽自動車がおすすめです。室内も普通車と変わりません。高速を走ってもそれほど違和感はありません。付き合いは大事ですがほどほどにして毎日を過ごすほうがいいです。買い物には色んなクーポンがあります、それを上手に利用して割引してもらうようにすることが必要です。

「無駄をカットして電気代2000円以下」の秘訣

テーブルタップ一戸建てで夫と二人暮らしで、ひと月の電気代が1729円(一番最近の月のリアルな額)。以前は酷い時には4000円以上かかっていたのに、最近の電気代は大体このくらいで済んでいます。でも、辛い思いをして節電節約してるかというとそうではなく、どれも小さな事を積み重ねてきた結果だと思います。

まず「家のアンペアを下げる」。電気会社との契約アンペアによって、基本料金が変わってきます。電気を使う使わないに関わらず、基本料金の額はしっかりと請求されます。我が家は元々そんなに電気を使う方ではなかった上、節約もしたかったので40アンペアから30アンペアに変更しました。電気会社に電話をすれば全てやってもらえるので、難しいことはありません。これで基本料金が1200円から800円になりました。些細な差に見えますが、元から1000円以上かかるのと、使った上で1000円を越すのは結構違います。アンペアを下げすぎるとブレーカーが落ちやすくなるので、そのあたりは生活によって調整すると良いでしょう。

次に、「冷蔵庫以外のコンセントはこまめに抜く」。ドライヤーやアイロン等の使用時間が短いものは勿論、稼働していない家電もです。例えば、洗濯機は使う時にコンセントを入れ、終わったら即コンセントを抜きます。テレビも同様です。観る時に差し込み、観終わったらスイッチを切って線も抜く。また、家を空ける時は、言葉通り冷蔵庫以外の家中のコンセントを抜いて出掛けます。とは言え、慌ただしい外出前に家中を歩き回っている訳ではありません。我が家では使って居ない部屋のコンセントは基本的に抜いてある状態なので、直前に使っていた部屋(大体リビング)のタコ線を抜くだけ。一瞬で終わります。

タコ線は、差し込み口一つ一つに対してスイッチがあるものだと、部屋にいる時もこまめにオフに出来て、より便利です。こうしてコンセントを抜く事により、待機電力分の節約になります。待機電力とは、実際使っていなくてもコンセントが電気機器と繋がっている事により消費される電力のこと。微量なものだとは言われていますが、私達は使っていないものにお金がかかるのが馬鹿らしいのでやっています。コンセントを抜く時は、乱暴にせず、根元からゆっくり引き抜いて、あまり差し込み口に負担がかからないようにしましょう。

三つ目は「あまり冷暖房に頼らない」。一見ストイックに見えますが、そんなことはありません。不快だったり、辛く思ったら器具を使っていいのです。ただ、夏だからなんとなくエアコンをつけるとか、春だけど冬の名残で暖房をつけてしまうとかを止めれば良いのです。また「暑いな」と感じたら窓を開けてみて、それで快適だと思えれば敢えてエアコンを使う必要は無いでしょう。同様に冬も、着足してみて暖かければ暖房に頼らずに済みます。寝ている間も、古風ですが、湯たんぽを足元に入れると、それだけで温かく熟睡できます。

寒い日に濡れた状態の洗濯物があれば、暖房の効いた部屋で干しますと、良く乾く上に加湿にもなります。洗濯物が無くても加湿をしたい場合は、素直に加湿器をつけます。乾燥で鼻や喉をやられたりするのは嫌ですものね。つまり、必要なのはできる事に対しての工夫だけで、我慢は不要なのです。

最後に、「電球類をLED灯に替えること」。これは多くの方がご存知で既にやっているのではないかと思います。従来の電球類に比べ、消費電力が少なく寿命も長いので、その分電気代も安く、替える手間も少なくて済みます。うちでは、切れた電球から順にLED灯に替えました。

以上が我が家の電気代節約術です。小さな事が多いのですが、大変な事は無く、細々としたことも慣れればさほど面倒に感じないようになります。無駄をカットしてしっかり節約。是非実践してみて下さい。

飲み物は買わない、余分な食材もかわない主義

缶コーヒー毎朝、我が家ではコーヒーを飲みます。アイスコーヒーが好きですが、缶コーヒーは買いません。ホット用のインストコーヒーとクリーミングパウダー、砂糖を入れて濃いホットコーヒーをつくり、たくさんの氷を入れてアイスコーヒーとして飲みます。以前は毎日朝の為に缶コーヒーを買っていましたから少し節約になりました。

それと同じでほうじ茶や緑茶も氷を入れてアイスティにしてます。夏は水や麦茶をペットボトルに入れて凍らせて持って外へ出かけます。まず出かけますと飲むものを買う必要がなくなりました。食事は一日おきにメニューを考えて、必ず少しづつ材料を残して次の日はその具材で料理をする方法で、無駄にならずメニューを考えるのも楽です。

食事も以前は毎日考えてスーパーでも考えてネギとか捨てるはめになってしまう事を思うと、少し節約になってます。毎日の習慣、なかなかやめられないので、工夫が節約に結びつくように思います。メニューはチャーハンとか親子丼パスタは、お値打ちになります。昔ながらのナポリタン、オムライス、焼きそば、お好み焼きも、コストがかからないです。

本格的に和食料理をしてしまうと意外と高くついてしまってメインディシュがないよと言われて悔しい思いをした事もあります。とにかく楽しく節約生活したいものです。

とにかく調べる!電化製品はなるべく底値で!!

冷蔵庫電化製品の買い替えを検討したり、実際に購入したいと思ったときには、まず使い心地や色や質感などを実際に店頭で確認してきて、価格比較ができるなどのサイトで底値を確認します。次に自分が普段よくネットで買い物をする楽天、yahoo、amazonなどのサイトで同じ商品を調べます。電化製品にはほとんど新商品が出るサイクルがあるので、その時期に買い替えができればベストなのでその時期を調べます。

最近ではコードレス掃除機を購入したのですが、電気屋さんで実物を確認し、価格サイトや通販サイトを比較の上、ポイント金額も考慮して、実物を見た電気屋さんの通販サイトから購入しました。実際に店頭で見てきた価格から約1万円は安く購入出来た上に、次回使えるポイントももらいお得に買えたと思います。

私が電化製品を購入するときはだいたいこの方法をとっているので、安いものだと数百円、大きな買い物だと一度で1万円以上の節約になっていると思います。少しの時間ネットを利用して調べるだけで普通に購入するよりも節約できるし、買いたい商品の知識も付きます。いろいろ調べた上で価格ドットコムの底値より安く買い物できた時の達成感がたまらないです。これからも電化製品購入のときはとにかく調べて底値で買います!!

エアコンは使わずハロゲンヒーターで暖をとる

ヒーターのイラスト各部屋にエアコンを設置しているのですが、エアコンをつけるとバーンと電気代が上がってしまうのがこのシーズンの悩みでした。だいたい12月から3月までは電気代が1万5千円をくだることはなく、毎月どうしたら、もっと下げられるものかと悩んでいました。

そこで、今年は、エアコンではなく、ハロゲンヒーターを朝から一日中つけています。稼働した時は高めに設定をし、日中に外気温が上がって暖かくなって来たら、設定温度を2度ほどさげて、そのまま夜までつけっぱなしです。フルパワーでつけたのは、極寒と言われた数日のみで、普段はフルパワーの半分で稼働させています。ハロゲンヒーターは想像以上に暖かく、空気の入れ替えをしてもほんわかと暖かいです。

この12月と1月の電気代は9千円と1万2千円でした。来年に比べると下がっていますが、現在の反省点としては、もうちょっと上手く温度調節をすれば無駄がなかったかもと思っていることです。

また、それぞれの部屋にこもりがちだったのをリビング集合に変えて見ました。人が集まるところは温度も上がるので、なるべくそれぞれの部屋ではなくリビングで集まろうと話し合いました。電気代も安くなりましたが、家族での会話も増えたので、結果的に良かったと思います。

我が家の水道代と電気代などの節約方法

洗い物をする女性我が家では電気代と水道代の節約の為できる限りの事をしているつもりです。まず、電気代節約の為朝はカーテンを開けて電気を使わない様にする。家を出るときは抜いても支障のないコンセントを抜いてから外出する。

夜は冬場は少し冷えますがタイマーにして就寝後3時間ほどすると暖房器具の電源が切れる様にしています。その他に電気の電球をLEDに変えたり三段階に調整できる電気を一番暗めの明るさにするなどです。

次に水道代の節約の為にしていることですが、まず洗い物は付け置き洗い物をします。晩御飯のお皿など1つの大きめの入れ物に入れて水につけて置きすると水の節約だけではなく汚れやこびりついたお米などが取れやすくなるので洗剤の節約にもなります。

その他に洗濯物は2日か3日に一回しか回しません。あと、お風呂のシャワーヘッドを最大50%節約できると言われるものを使用して使ってないときは水は止める様にしています。我が家はお風呂以外はオール電化なのでガス代の節約よりも、電気代の節約を主にしているのですが、ガス代もお風呂に入る際には40度に固定してシャワーなり湯船に浸かったりしています。

結果、この節約を1ヶ月続けたのですが電気代は6000から5500円水道代は6800円から6000円にガス代は200円ほど安くなりました。

書き出してみたら結構節約出来ていました。

急須にそそぐお湯独身・女性実家暮らしの節約術と節約効果です。まず飲み物は持参します。100均で買った茶葉で、急須でお茶を出して水筒に入れて会社に持って行っています。もし毎日ペットボトルのお茶を買ったとしたら3000円位の差が出ます。次にランチはおにぎりです。弁当持参でもいいのですが意外とおかず代(材料費)がかかってしまうので私はおにぎり一つ握って持参です。のり無しでご飯に混ぜるタイプのふりかけを愛用しています。こちらも3000円位は節約になっているかと思います。

前髪はセルフカットします。前髪だけカットは美容室で最低でも500円はかかるそうなので自分で切れば(月に二回切ってます)1000円の節約になります。ネットも極力フリーWi-Fiで乗り切ります。容量のかかるものをダウンロードする時は駅のフリーWi-Fiを使わせて頂いています。私は副業をしているので副業の仕事を探す時とアンケートなどすぐに終わるけど大量の仕事はWi-Fiを使用しています。ネットサーフィンしているとすぐに1ギガ1000円分使うのでこの位はフリーWi-Fiで通信しているので節約効果は1000円とします。

そして化粧水等はオールインワン。私は某格安メーカーのオールインワンを愛用しています。これ一つで化粧水から化粧下地までになり一個1000円位で3ヶ月は持つので化粧水から化粧下地まで買い揃えるとすれば最低でも4000円必要となり月に3000円の節約効果があります。

ケチケチしている私の節約方法教えます

洗濯機私の節約方法はブログなど参考にしていることが多いです。まずは電気代。うちはオール電化です。プロパンの時は会社自体高くてお金かかっていました。オール電化になるとトータルは安くなると聞きましたが。最初に引っ越して契約のまま1カ月使ったらガスと電気代合わせた時より高くなっていました。

そこで電気プランを変えることに。まずアンペアを下げ、電気プランを3段階に変わるプランにしました。昼が高く夜が安くなるプランです。なるべく洗濯はタイマーを使い安い時間に終わるようにします。お水はお風呂のお水です。平日はテレビは日中なるべくみないように電気代が変わる9時にはテレビを消して昼はヒルナンデスだけみます。夜はほとんど見ていません。お風呂はお恥ずかしいですがペットボトル6本入れて入っています。

1番節約出来るのは食費です。食費は月2万。外食は月に1度くらいです。週に1回しか買い物に行かずメニューは1週間分考えます。必要なものしか買いません。月に1度業務用スーパーに行きます。だいたい決まったものしか買いません。むね肉のパックは大量に入っていて冷凍して使っています。お米はもらえるのでお金はかかっていません。あとはサンプルもらったりいろいろネットで当てたりしています。